県内最大の収容人数

最大1万人(バスケットボール時、8千人)という沖縄県最大の収容規模を誇ります。それに伴い必要とされる、出演者控室、スタッフ詰所、テレビ中継車置場等、運営に必要な機能も備え、これまで沖縄にはなかったインドアの大規模イベントの開催が可能となります。

興奮を最大化する客席配置

観るため、そして魅せるために整備された沖縄アリーナは、平面及び断面の設計に主眼が置かれました。そのため、アスリートやアーティストが観客から間近に感じられ、観る側の興奮が魅せる側にも伝わることで、さらにパフォーマンスが上がるという好循環が期待されます。

高速道路を見渡すコンコース

イベントの合間には、ハイウェイコンコースにて隣接する高速道路を通行する車が建物に向かってくるかのような独特の光景を楽しむことが出来ます。アリーナの中と外を視覚的に繋ぐことによってイベントの盛り上がりを外部へも伝播していきます。

県内最大のイベント床面積

県内最大の収容規模に加え、移動式観客席を全て格納した場合のイベントフロア面積は県内最大。集客型イベントに限らず、展示が主体の企業イベントの開催も可能です。

多種多様なイベントに対応

11tトラックが通行出来る進入路が2箇所設置されており、スポーツや音楽イベント以外ににもモーターショー等の開催にも対応しています。